がん診療と緩和ケア

 

 治癒や延命をめざす治療だけではなく、がんの進行に伴う痛みや息苦しさなどの「からだのつらさ」、不安や気分の落ち込みなどの「こころのつらさ」の緩和を行うことも重要です。緩和ケアは、がんと診断された早期から実施することで苦痛を緩和し、患者さまやご家族の生活の質を高めることを大切にしています。
富山労災病院では、がん診療連携拠点病院として医師や看護師も実践を通した緩和ケア研修会に積極的に参加し、病院全体で緩和ケアのレベルアップに努めています。
院内では、患者さまご家族に対して、次の4つの働きを大切に考えています。

 症状の緩和を行うこと

 こころのケアを行うこと

 在宅緩和ケアを継続できる体制を整えること

 職場復帰や治療と就労の両立へのサポート


がん診療への取り組み   がん診療連携拠点病院   がん患者の5年生存率   がん患者会「あすかの会」
             
相談支援センター   緩和ケアチーム 緩和ケア外来   がん治療就労支援   中皮腫・アスベスト疾患研究実績