診療科のご案内

病院情報の公開

平成29年度 富山労災病院 病院指標


  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 37 61 73 163 266 730 1083 1044 293
当院は新川地域の地域医療連携拠点病院として、地域のみなさまに医療を提供いたします。また、がん診療連携拠点病院として地域のがん医療に携わっています。上記の表では、地域の年齢分布の特性上60歳以上の患者さまの割合が多くなっておりますが、勤労者医療にも重点的に取り組んでおり、年齢層にかかわらず幅広い医療を提供いたします。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置1なし 定義副傷病名なし 52 24.65 17.71 11.54% 80.79
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし A-DROPスコア1 46 21.43 13.51 2.17% 86.07
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 44 35.95 20.83 20.45% 83.50
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病名なし 42 14.67 12.34 7.14% 79.38
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術処置2なし 33 5.33 5.50 0.00% 49.61
心不全や肺炎に対する治療件数が多いことが特徴です。肺炎治療については、特にご高齢の方で糖尿病や心不全など成人病と合併されている方が多数おられますが、合併症治療も併行して実施いたします。また29年度ではDPC対象外となっていますが、大腸内視鏡検査により発見されたポリープ切除術も年間153件実施しており、大腸癌の早期発見・抑制を目指します。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) 27 6.19 5.30 0.00% 67.93
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術処置2なし 24 4.33 6.28 0.00% 73.92
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術処置なし 手術処置1なし 手術処置2-2あり 定義副傷病名なし 発症前Rankin Scale0,1又は2 20 32.95 16.51 25.00% 78.00
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 17 5.47 7.34 0.00% 63.24
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術処置なし 手術処置1なし 手術処置2-4あり 定義副傷病名なし 発症前Rankin Scale0,1又は2 17 19.29 16.38 23.53% 69.00
急性発症の脳梗塞や頭部外傷の患者さまを受け入れます。入院中は治療と併行してリハビリテーションを早期導入し、早期退院及び早期の社会復帰を目指します。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人口骨頭挿入術 肩、股等 77 34.97 27.09 36.36% 82.75
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 定義副傷病名なし 27 19.93 19.94 7.41% 78.93
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)人工関節再置換術等 25 29.28 25.09 0.00% 71.24
160760xx97xx1x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病名なし 17 5.88 5.21 0.00% 66.71
160760xx97xx1x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病名あり 13 4.54 9.82 0.00% 75.00
大腿骨骨折に対する人工骨頭挿入術、変形性膝関節症に対する人工関節置換術を積極的に実施してます。前腕骨の骨折に対しては骨折観血手術を実施しています。また、高齢者の方が多数となる脊椎の圧迫骨折に対する治療や、椎間板ヘルニアの切除術も実施しています。入院中はリハビリテーションの早期導入により患者さまの早期退院及び早期社会復帰を目指します。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし    18 14.61 8.98 11.11% 74.78
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 17 8.59 5.56 5.88% 44.24
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 11 11.00 7.87 0.00% 54.82
060040xx02x1xx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置2-1あり 11 37.36 34.77 9.09% 73.91
060035xx0101xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術処置1なし 手術処置2-1あり 11 34.82 30.71 9.09% 77.55
急性発症した虫垂炎、腸閉塞など腹部外科の患者さまを受け入れます。また、当院はがん診療連携拠点病院であることから、がん治療にも重点的に取り組んでいます。乳癌や胸部及び腹部の悪性腫瘍に対し手術、化学療法、放射線治療を患者さまの病状に応じて選択し実施いたします。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術処置1なし 手術処置2なし 25 9.56 7.31 0.00% 75.12
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術処置1なし 定義副傷病名なし   17 24 7.67 5.75 0.00% 61.17
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 24 13.04 9.73 4.17% 73.88
110310xx99xx0x 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 定義副傷病名なし   17 23 11.65 12.34 8.70% 77.48
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術処置2なし 17 14.65 12.92 0.00% 69.65
内視鏡を用いた膀胱悪性腫瘍手術や、前立腺肥大症に対する手術を実施しています。また、体外衝撃波を用いた結石破砕術も実施いたします。29年度はDPC対象外となっていますが、前立腺針生検法を年間51件実施し前立腺癌の早期発見にも取り組んでいます。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - 3.30 - -
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 - - 2.85 - -
眼科疾患全般についての治療を実施します。また、29年度はDPC対象外ですが白内障手術は年間184件実施しています。白内障は糖尿病の主な合併症でもあるため、院内の内科糖尿病専門医等と連携し入院治療を進めていきます。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 15 9.60 8.95 0.00% 78.80
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.73 - -
080110xxxxx0xx 水疱症 手術処置2なし - - 29.24 - -
帯状疱疹は、クリニカルパスに沿い標準的な期間(1週間)で治療いたします。他皮膚科疾患全般の治療を実施いたします。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)鼻骨骨折整復固定術等 手術処置1なし 手術処置2なし - - 5.60 - -
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Iendex10未満)手術なし 手術処置2なし - - 12.10 - -
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 手術処置2なし - - 51.26 - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.73 - -
070590xx97x0xx 血管腫 リンパ管腫 手術あり 手術処置2なし - - 10.78 - -
鼻骨骨折等、顔面の外傷について手術治療を実施いたします。その他外傷、皮膚腫瘍や熱傷、入院中患者さまに対する褥瘡潰瘍の治療も積極的に行います。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 45 - - 12 - 13 1 7
大腸癌 12 - 13 14 32 21 1 7
乳癌 - - - - - 11 1 7
肺癌 - - 11 11 10 - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
比較的早期に発見される場合と、ある程度癌が進行してから発見される場合に分かれます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 35 11.83 57.86
中等症 101 21.71 81.11
重症 15 22.67 83.40
超重症 20 30.05 84.05
不明 - - -
超重症の場合は1ヵ月以上の長期入院となる傾向があります。ご高齢の患者さまで長期化する場合もあります。心不全や糖尿病などの成人病との合併があれば併行して治療を進めます。また、入院中は長期臥床による寝たきり状態になることを予防するためにリハビリテーションを積極的に導入しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 154 41.16 76.85 18.75%
その他 22 29.86 81.64 4.55%
急性期の脳梗塞の患者さまに対し救急受入れ等により迅速な対応を実施します。また、患者さまの状態が発症から超早期かつ適応がある場合、t-PAによる脳血管血栓の溶解療法を実施する場合もあります。入院中は早期にリハビリテーションを導入し、退院後のQOL(生活の質の向上)を目指します。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 CF(EMR)(2cm未満)など 153 0.41 1.25 0.00% 64.60
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 など 24 1.17 8.63 0.00% 71.29
K688 ERBD(胆管ドレナージ)など 21 5.14 21.76 9.52% 78.95
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他)など 18 4.22 3.94 0.00% 69.50
K616-4 シャントPTA など 15 0.33 1.80 6.67% 71.13
消化器の専門医による内視鏡検査で大腸の検査をし、大腸癌の早期発見につなげます。ポリープを発見した場合は内視鏡先端に取り付けた器具でポリープを切除します。また、早期胃癌に対しては、胃内視鏡を用いた早期悪性腫瘍切除術を実施します。侵襲が少ない手術のため患者さまにかかる負担を減らします。入院期間も1週間程度です。狭心症や急性心筋梗塞に対しては血管内カテーテルによる経皮的冠動脈ステント留置術を実施します。管状の材料(ステント)で詰まった血管を広げ、血流を再開します。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿)など 68 1.03 32.26 41.18% 82.21
K0462 骨折観血的手術(下腿)など 52 0.73 16.37 3.85% 66.67
K0821 人工関節置換術(膝)など 38 1.18 28.24 0.00% 69.50
K0811 人口骨頭挿入術(股)など 18 2.00 28.44 11.11% 80.00
K0483 骨内異物除去術(下腿)など 16 0.06 2.31 0.00% 56.88
骨粗相症が進行すると、転んだりした場合に骨折しやすくなりますが、特に大腿骨や下腿骨は骨折の多い部位です。手術では特殊金属製の髄内釘、プレートやスクリューで骨折部位を固定します。変形性膝関節症により膝の屈伸や歩行が困難になる場合は、膝の関節を人工関節に置き換える手術を実施します。いずれも手術後は早期にリハビリテーションを開始し、早期の回復を促します。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)など 30 1.30 5.07 0.00% 74.03
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 18 4.00 7.72 0.00% 61.83
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わない) 17 0.71 6.88 5.88% 44.24
K672 胆嚢摘出術 13 1.69 19.85 0.00% 77.00
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 12 2.17 16.00 0.00% 70.67
ヘルニア、胆嚢摘出、結腸悪性腫瘍などに対し、腹腔鏡を用いた手術を多数実施し、手術及び手術後の患者さまの負担を軽減します。また他にも、短時間で終了する痔核手術や、内視鏡を用いたポリープ切除術など患者さまの負担を軽減する手術を実施しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)その他のもの など 184 0.10 1.78 0.00% 75.25
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)縫着レンズを挿入 - - - - -
白内障に対する眼内レンズ挿入術は通常1~2泊入院で実施しています。また他にも各種眼科疾患に対する手術を実施しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用)など 28 1.75 9.96 0.00% 75.21
K8411 経尿道的前立腺手術(TUR-P) 26 2.65 9.77 3.85% 74.35
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの など 25 1.48 4.12 0.00% 61.72
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 17 1.35 12.29 0.00% 69.65
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 16 1.38 9.81 0.00% 67.25
膀胱や前立腺の疾病に対し、経尿道的な内視鏡手術を実施しています。また、腹腔鏡を用いた手術も導入し、患者さまの負担を軽減しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 17 0.59 27.29 5.88% 81.94
K1425 椎弓切除術 など 15 2.80 13.27 0.00% 65.67
K134-22 腰椎椎間板切除(内視鏡)など 13 2.31 28.77 0.00% 66.31
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 11 0.73 64.09 81.82% 69.91
K1901 脊髄刺激装置植込術(16極以下ジエネレーター)など 11 0.91 10.18 0.00% 71.27
外傷等により発生する慢性硬膜下血腫に対し、穿孔術を実施しています。脳動脈瘤に対しクリッピング術を実施しています。腰椎ヘルニア等の疾患に対し、小切開で手術を実施し患者さまの負担を軽減しています。脊髄神経の異常による慢性疼痛に対し、脊髄に電極を埋め込み刺激装置に微弱電流を流すことにより疼痛の緩和を促します。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 - - - - -
K427 頬骨骨折観血的整復術 - - - - -
K0033 皮膚、皮下、粘膜血管腫摘出術(露出部・長径6cm以上) - - - - -
K2762 四肢切断術(指) - - - - -
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)長径12センチメートル以上 - - - - -
外傷による顔部、四肢の創傷に対する手術を実施しています。また、皮膚腫瘍の摘出術を実施しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 14 0.38%
180010 敗血症 同一 - -
異なる 13 0.35%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 15 0.40%
異なる - -
播種性血管内凝固症候群は、入院後に発症する場合がほとんどです。敗血症も同様に入院後の発症がほとんどです。いずれも集中的な治療を必要とします。手術・処置の合併症は、手術後の発症が予期される出血等の疾患です。
更新履歴
平成30年9月28日
平成29年度病院指標作成(作成日:平成30年9月28日)