診療科のご案内

病院情報の公開

平成27年度 独立行政法人労働者健康安全機構富山労災病院 病院指標


  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 42 55 70 164 280 720 1,088 1,024 273
当院は新川地区にて救急医療を提供する病院として患者さまに対し対応しています。新川地域の年齢分布の特性上、70歳以上の患者さまの割合が多くなりますが、年齢層にかかわらず幅広い医療を提供いたします。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし、手術処置2なし 238 22.20 14.34 6.72% 78.02
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 67 15.16 15.35 1.49% 68.87
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病なし 43 23.84 18.30 6.98% 84.56
ご高齢の方の割合が多いため、肺炎治療が多数となります。また、成人病治療に対しても力を入れており、糖尿病や心不全の治療件数も多いことが特徴です。また、内視鏡を使用する検査や手術も実施します。このほか、内科特有の各種疾患についても対応しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病なし 87 23.57 15.80 16.90% 77.43
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術処置2なし 31 6.13 6.30 0.00% 75.19
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病なし 24 9.00 7.52 4.17% 66.88
脳梗塞の治療件数が多く、地域から多数の患者さまを受け入れています。入院中はリハビリテーションの早期導入により患者さまの早期退院及び社会復帰を目指します。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 65 35.02 28.70 30.77% 82.63
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 定義副傷病なし 39 37.13 21.52 2.56% 78.77
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)人工関節再置換術等 29 33.66 27.21 0.00% 78.83
大腿骨骨折に対する人工骨頭挿入術、変形性膝関節症に対する人工関節置換術を積極的に行っています。また、ご高齢の方に多い腰椎圧迫骨折に対する治療も多数行っています。手術後はリハビリテーションの早期導入により患者さまの早期退院及び社会復帰を目指します。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置2 5あり 定義副傷病なし 22 3.36 4.53 0.00% 68.14
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病なし 21 11.05 9.17 0.00% 75.29
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術処置2 なし 13 9.31 5.50 0.00% 62.31
新川地区のがん診療連携拠点病院として、がん治療に力を入れております。手術治療、化学療法、放射線治療等幅広い方法でがん治療に対応しています。また、内視鏡治療で対応が難しい消化器手術や、腹腔鏡を用いた手術も多数実施しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術処置1なし 手術処置2なし 32 8.03 7.59 0.00% 78.56
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 31 12.94 10.25 0.00% 74.29
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術処置1なし 定義副傷病なし 22 9.05 5.91 4.55% 60.77
膀胱癌や前立腺肥大症に対する経尿道的手術、及び各種先進的な手術治療に積極的に取り組んでいます。また、結石破砕装置による尿路結石治療にも対応しています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術処置2あり 定義副傷病なし 21.39
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1あり 手術処置2なし 定義副傷病 なし 3.29
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術処置2 なし 9.55
肺癌、甲状腺癌他、呼吸器の悪性腫瘍治療に対応します。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)鼻骨骨折整復固定術等 手術処置1なし 手術処置2なし 5.86
160200xx9700xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)その他の手術あり 手術処置1なし 手術処置2なし 5.79
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術処置2なし 定義副傷病なし 10.02
顔面・鼻骨骨折や、手指の骨折・損傷などの外傷手術に幅広く対応します。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 16 8.63 8.97 0.00% 75.81
080011xx99x0xx 急性膿皮症 手術なし 11.97
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)皮膚悪性腫瘍切除術等 手術処置2なし 10.49
帯状疱疹をはじめ、各種皮膚科疾患の治療に対応します。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020130xxxxxxxx 原田病 16.78
020280xx99xxxx 角膜の障害 手術なし 16.47
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭処置を含む。)鼻骨骨折整復固定術等 手術処置1なし 手術処置2なし 5.86
各種眼科疾患の治療に対応します。また、白内障の眼内レンズ挿入術にも対応します。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 27 22 16 1 7
大腸癌 15 18 24 35 1 7
乳癌 10 1 7
肺癌 12 12 11 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
内視鏡手術や腹腔鏡手術などの低侵襲手術をはじめ、抗がん剤治療や放射線治療などさまざまな治療方法の選択肢を考えることにより患者さまにとって最適と考えられる方法で、がん治療を実践しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 37 12.19 58.43
重症度 1 88 40.01 81.70
重症度 2 41 29.32 86.10
重症度 3 13 30.77 84.92
重症度 4
重症度 5
不明
重症度1~3の方1ッか月前後の長期入院となる傾向があります。ご高齢の患者さまが多いためで、長期化する場合は心不全や糖尿病などの併存症の治療も併せて行う場合が多いです。また、入院中は寝たきり状態の予防のため、リハビリテーションを積極的に取り入れた治療を行っています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 44 7.27 74.25 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 154 36.78 77.14 16.48%
その他 22 29.50 77.00 2.84%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
早期発症の脳梗塞や脳血管障害が想定される患者さまに対し、救急患者の幅広い受け入れをはじめ迅速に対応し入院治療を実施しています。また、患者さまの適応に応じて発症から超早期の場合、t-PAによる脳血管塞栓の溶解治療も実施します。入院中は早期にリハビリテーションを導入し、入院中及び退院後のQOL(生活の質の向上)を目指します。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満)など 122 0.90 1.39 0.00% 64.52
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他)など 33 7.48 5.91 0.00% 73.97
K616‐4 シャントPTAなど 18 0.11 1.33 0.00% 70.06
消化器の専門医による内視鏡検査で、結腸に出来るポリープを発見した場合、内視鏡の先端に取り付けた器具で切除します。1泊2日で出来る手術で患者さまの負担も少なく、また早期にポリープを切除することで大腸癌の早期発見・予防につながります。また、循環器の専門医による血管カテーテル手術では、急性心筋梗塞や狭心症を引き起こす原因となる心臓の近くにある冠動脈の詰まりを取り除き、ステントと呼ばれる治療用の管を血管の中に留置することにより、その後の血管の詰まりを予防します。人工透析を受けている患者さまにも、血管が詰まりやすくなるため同様に血管カテーテルとバルーンカテーテルと呼ばれる血管内で風船状に膨らむ管を使って血管を拡げる手術を行います。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕・大腿骨)など 54 1.11 35.67 24.07% 79.59
K0462 骨折観血的手術(橈骨)など 45 1.24 25.56 0.00% 69.09
K0821 人工関節置換術(膝)など 41 2.32 28.32 2.44% 74.24
骨粗鬆症の進行により、転んだりしたときに骨折しやすくなります。特に大腿部や橈骨(前腕骨)は骨折の多い部位です。手術で金属製のプレート等により固定しリハビリテーションを受けることにより回復を促します。また、変形性膝関節症により膝の屈伸や歩行が困難になる場合は、膝関節を特殊な金属で作った人工関節に置き換える手術をします。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)など 26 2.00 4.38 0.00% 72.42
K672‐2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 16 3.06 6.19 0.00% 63.94
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 など 14 1.71 3.93 0.00% 72.43
腹腔鏡手術(開腹手術より侵襲が少ない)や、内視鏡手術などの積極的な導入で患者さまの手術時にかかる負担を少なくし、手術後の早期退院を目指します。なお、腹腔鏡手術は実績の多い消化器がんの手術にも多数導入し成果を上げています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質液利用のもの など  33 1.27 5.70 0.00% 78.03
K8411 経尿道的前立腺手術(TUR-P)など 31 2.87 9.29 0.00% 74.65
K843 前立腺悪性腫瘍手術 21 2.33 15.86 4.76% 70.43
内視鏡を使った膀胱や前立腺など男性泌尿器疾患の手術に多数の実績があります。また、内視鏡的な手術以外にも開腹による悪性腫瘍手術や、子宮脱をメッシュと呼ばれる網状の器具で抑えて治す手術など、多岐に渡る手術の実績があります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合) 200 0.01 2.12 0.00% 75.26
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合 縫着レンズを挿入するもの)
白内障に対する眼内レンズ挿入術に力を入れています。患者さまの状態に合わせ入院期間を設定し、早期の退院を目指します。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164‐2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 16 5.44 36.63 6.25% 82.94
K1425 椎弓切除術 など 15 5.13 19.20 13.33% 67.60
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 14 3.21 51.50 21.43% 68.29
脳出血や脳動脈瘤破裂など救急来院の患者さまに、救命手術として硬膜下血腫穿孔術や脳動脈瘤へのクリッピング術を実施します。また、変形性頸椎症や頸椎椎間板ヘルニアの患者さまに、切開範囲の少ない手術や内視鏡を使った手術を実施し、手術による患者さまへの負担減と早期退院を目指します。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)
K462 バセドウ甲状腺亜全摘術(両葉)など
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除)
胸腔鏡を使用した肺疾患手術や、甲状腺疾患に対する手術に対応します。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術
K427 頬骨骨折観血的手術
K0022 瘢痕拘縮形成手術 その他
顔面の外傷に対する手術や、手指の外傷に対する手術、熱傷の後遺症に対する手術等幅広く対応します。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除
皮膚腫瘍の切除術等、皮膚科的な手術に対応します。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 17 0.46%
異なる
平成26年度のDPC対象病院の平均値は、播種性血管内凝固症候群=0.17%、敗血症=0.56%、その他の真菌感染症=0.04%、手術・処置等の合併症=0.70%となっており、当院はすべて平均値を下回っております。
更新履歴
平成28年10月1日