診療科のご案内

病理診断科のご紹介

特色
 病理診断科では検査(生検、細胞診)や、手術中(術中迅速凍結診断)・手術後に採取された病変の病理診断や病理解剖を行っています。病理診断は診療における最終診断と位置づけられ、予後の推定や治療方針の決定に大きな役割を担っています。
 現在診断業務は、常勤病理医1名、非常勤病理医1名と中央検査部に所属する病理部門の臨床検査技師3名(内2名は日本臨床細胞学会認定細胞検査士)で行っています。
 また専門医制度が学会認定から日本専門医機構認定となる関係から、当科は基幹施設である金沢大学と富山大学の病理専門研修プログラムにのっとった「連携病院」に位置づけられています。
診療スタッフ
杉口 俊 病理診断科部長
杉口 俊 (すぎぐち しゅん)
【専門】外科病理一般
【資格】日本病理学会 病理専門医・指導医・学術評議員
    日本専門医機構 認定病理専門医
    日本臨床細胞学会 細胞診専門医
    死体解剖資格