診療科のご案内

中央検査部のご紹介

概要
 中央検査部で行われている業務内容は 大きく検体系業務と生体系業務の2つに分かれます。

中央検査部」の紹介  ・検体系業務は患者様から採取させて頂いた「血液、尿、便、痰、その他」
  を用いて多種多様な方法で分析解析検査し迅速で的確なデータを主治医に
  報告することにあります。

 ・生体系検査では患者様本人に直接様々な機器を取り付け、又は走査するこ
  とで分析解析検査し的確な結果データを主治医に報告することにあります。

明細
 検体系業務 検体検査は 肝機能、腎機能、インフルエンザ等 ほとんどの病気に対する指標を検査することができます。

 検査項目一部の例
検査項目 基準値 高値を示す疾患 低値を示す疾患
血清総蛋白
PT
6.7~8.3 g/dl 肝硬変
多発性骨髄腫等
栄養不良、消化吸収障害等
*経口避妊薬の使用
総ビリルビン
T-Bil
0.2~1.2 mg/dl 胆石症、胆のう炎等  
AST(GOT) 12~31 IU/L 肝炎、心筋梗塞等 尿毒症、糖尿病性**等
ALT(GPT) 8~40 IU/L 肝炎、胆石症等 尿毒症、糖尿病性**等
尿素窒素
BUN
8~22 mg/dl 腎炎、心不全等 肝不全等
クレアチン
CRE
0.4~0.8 mg/dl 腎不全、糸球体腎炎等 筋ジストロフィー等

 生体系業務 生理検査は 随時検査として 心電図、肺活量、血圧脈波、
 聴力検査等あり。予約検査として 24時間心電図、24時間血圧測定、
 筋電図、脳波、睡眠ポリグラフィー、振動試験、心臓超音波、腹部超音波、
 頸動脈超音波、下肢静脈超音波検査など行っています。

 総勢15人のスタッフでお待ちしております。
 検体系業務 検体検査