がん診療について
注射1 注射3 手術中 リフレッシュ研修 指導風景

看護部紹介

※音声が流れます。音量にご注意下さい。


看護部長のご挨拶
 当院は、富山県東部に位置し、魚津市で唯一の公的医療機関です。病院の屋上からは、立山連峰の山脈と日本海が見渡せ、自然の偉大さに心が癒やされます。新川地区の基幹病院の一つとして、救急患者さんの24時間の診療と、紹介患者さんや地域住民の皆さんの診療など、地域に密着した病院です。また、勤労者医療を担う政策病院であると同時にがん診療連携拠点病院としての役割を果たしています。
 私たちの理念は「あたたかい心のこもった看護、安全で信頼される看護を提供します。」です。この理念の基、患者さんだけでなく、地域の人々の健康生活を意識した、心のこもった看護を提供できるように尽力しています。さらに、チーム医療の中で看護専門職としての役割を認識し、多職種と協働できる豊かな人間性と、確実な看護実践力を育むよう教育環境を整えています。平成28年度に新病院が完成し、11月初旬に移転の予定で、新しい病院への夢と希望をもち前進しています。
 看護師・看護学生のみなさん!心のこもった看護とは・・・私たちと共に考え、あなたの思う看護を目指してみませんか。

看護部長 今田広子
看護部の紹介
【看護部長】   今田 広子
【看護職員数】  213名
【看護単位】   6病棟、手術室、外来(透析室含む)
【病棟 勤務 体制】8時間3交代制
【病棟看護体制】 10対1
【看護提供方式】 固定チームナーシング(一部PUS)
看護部の理念
あたたかい心のこもった看護、安全で信頼される看護を提供します。
看護部方針
  1. 安全で信頼される看護を、誠実に提供する。
  2. 高い倫理観と確かな知識・技術を持つ人材の育成に努める。
  3. 地域・社会での役割を認識し、チーム医療を推進する。
平成28年度 目標
変化に順応し、自ら発信し進化する看護部になる
  1. 新病院での病床機能分化し、情報システムに対応したマネジメントを行い、医療を担保する
  2. 看護専門職として地域、外来、病棟、他職種とシームレスに連携を図り地域に貢献する
  3. 看護の質改善に取り組み、アウトカムを出す
  4. WLBの視点で働きやすい職場作りをする