診療科のご案内

形成外科のご紹介

診療科の特色(専門分野)
 形成外科は、先天的あるいは後天的に生じた体表面の異常を、形態に配慮して機能を修復する外科系診療科です。
対象とする疾患
    顔面の外傷・変形
  •  眼瞼下垂、眼瞼内反、涙道損傷、埋没耳、顔面神経麻痺による変形、眼瞼内骨折、頬骨骨折、上顎骨折、鼻骨骨折
  • 手足の外傷・変形
  •  陥入爪、巻き爪、指骨骨折
     ◎神経断裂、血管断裂、切断指については手術機材整備中です。
  • 顔面・手足以外の部位の外傷・変形
  •  副乳、陥没乳頭、突出臍
  • その他
  •  腋臭症、瘢痕拘縮(運動障害を伴うキズアト)、ケロイド、皮膚腫瘍など
当科で扱うことのできない疾患・手術
    幼少児の手術(先天性眼瞼下垂、多指症など)、歯牙の損傷を伴う下顎骨骨折、
     集中治療室を要する熱傷(気道熱傷、重症熱傷など)、乳房再建術、遊離(筋)非弁術。

    切断指再接合術(機材準備中です)
    保険で認められてない対象や手術
  •  例:刺青をとる、ピアスをあける、二重瞼にする、美容外科手術後の修正、外傷や手術で生じた「運動障害のないキズアト」の修正など
手術治療について
受診していただいたうえで手術日を決めます。
 電話で予約をとることはできません。

外来診療
区分
1診 篠 川
診療スタッフ
篠川 靖夫 形成外科部長
篠川 靖夫 (しのかわ やすお)
【専門】熱傷・再建外科