診療科のご案内

内科(リウマチ・膠原病科)のご紹介

診療科の特色
当科では、関節リウマチ、膠原病、脊椎関節炎、原因不明の関節炎、骨粗鬆症、不明熱、自己炎症性疾患などについての診療を行っております。
当科で担当する疾患は、その多くが国の指定難病であること、身体障害(肢体不自由 呼吸器機能障害など)を合併することがあること、使用する薬剤が高額な事などがあり、皆様とともに、様々な社会福祉政策等の利用を勘案しながら、患者さんお一人お一人に適した治療方針を考えていきます。
これら疾患は時に全身の詳細な精査、入院での加療を必要とする場合もあり、院内の最先端の検査設備を活用し、各診療科と連携をとりながら診療を進めて参ります。
関節疾患が多いため、当院整形外科のリウマチ外来や脊椎外来、関節外来と連携しつつ、患者さんに適した治療を提案させていただきます(整形外科外来をご参照下さい)。

主な特殊検査
関節エコー、MRI、CT、骨密度検査、FDG- PET/CT検査、骨シンチ、ガリウムシンチ検査

当科で診療する疾患
関節リウマチ
リウマチ性多発筋痛症
RS3PE症候群
乾癬性関節炎
反応性関節炎
SAPHO症候群、掌蹠膿疱症性骨関節炎
強直性脊椎炎(指定難病)
原因不明の関節炎
悪性関節リウマチ(指定難病)
全身性エリテマトーデス(指定難病)
高安動脈炎(指定難病)
巨細胞性動脈炎(指定難病)
結節性多発動脈炎(指定難病)
顕微鏡的多発血管炎(指定難病)
多発血管炎性肉芽腫症(指定難病)
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(指定難病)
原発性抗リン脂質抗体症候群(指定難病)
皮膚筋炎/多発性筋炎(指定難病)
封入体筋炎(指定難病)
全身性強皮症(指定難病)
混合性結合組織病(指定難病)
シェーグレン症候群(指定難病)
成人スチル病(指定難病)
再発性多発軟骨炎(指定難病)
ベーチェット病(指定難病)
原発性免疫不全症候群(指定難病)
サルコイドーシス(指定難病)
家族性地中海熱(指定難病)
慢性再発性多発性骨髄炎(指定難病)
IgG4関連疾患(指定難病)

※指定難病については下記URLをご参照下さい。
難病情報センター http://www.nanbyou.or.jp/

外来診療
担当
担当 篠田
初診・再診
関節エコー
朴木
初診・再診
- - 津田
初診・再診
杉下
内科初診
※診療時間 9:00~12:00

受診のきっかけとなる症状
✓ 原因不明の発熱(微熱も含む)が持続する。
✓ 関節が痛い、腫れている。朝、起きがけに手、足などの関節がスムーズに動か
  ない。
✓ 朝起きると首や背中、腰などが痛くて動くのが辛い。動いていると改善する。
✓ 年々、首や背中が硬くなって、動きが悪くなってきた。
✓ 鎖骨や肋骨付近が腫れていて、痛む。顎の骨が腫れて痛む。
✓ 筋肉痛が持続し、力が入りにくい。
✓ 一度座ると立ち上がるのに苦労する。
✓ リンパ節が腫れる(頚、わきの下、足のつけねなど)。
✓ 口内炎をしょっちゅう起こし、痛くて辛い。
✓ 手指がはれぼったくなり、指輪が入らなくなった。
✓ 顔面や身体の皮膚が突っ張る。
✓ 日光に当たると皮膚が真っ赤になったり、水ぶくれになったりする(日光過敏
  症)。
✓ 今まで見られなかった皮疹が顔や手、髪の毛の生え際、肘、膝、足などに出て、
  原因が分からないといわれる。
✓ 冷たい水、冷気に当たると手足の指先が白くなったり紫になったりする(レイノー
  現象)
✓ 外陰部にしょっちゅう皮疹が出来て辛い。
✓ 目や首のあたりが腫れて、調べても原因が分からない。
✓ せんべい、クッキーなどがぱさついて飲み物なしでは食べられない。
✓ 目が乾いて痛みがある。
✓ 鼻や耳が赤く腫れて痛くなることがある。
✓ 食事を食べていると顎が痛くなってくる。
✓ こめかみのあたりがずきずきと痛み、熱を持っている。
✓ 気管支喘息で治療しているが、最近、皮疹や手足のしびれが出てきた。
✓ 血液検査で白血球が低いといわれた、血沈(赤沈値)に異常があるのが続いてい
  る。
✓ 血液検査で抗核抗体やリウマトイド因子/リウマチ因子(RF)が陽性であるといわれ
  た。
✓ 若いときから、血栓症(静脈や動脈が血栓で閉塞すること)をしばしば繰り返す。
✓ リウマチ、膠原病等で長期間ステロイドを服用していて副作用が不安だ。減らした
  い。

当科を受診されるきっかけとなる症状は上記のものがあります。このような症状が新たに出現してきた、改善しなくて不安だ、困っていると言うことであれば、是非御相談ください。通院中の医院、病院からの紹介状がある方は是非、お持ちください。紹介状が無い方も受診することが出来ますが、出来れば、お薬手帳や他院での採血結果、健康診断の結果などがあると、大変、診療の際に役に立ちますので、お持ちいただければ幸いです。

地域連携について
当院では、富山大学附属病院 免疫膠原病内科、また多くの県内の急性期病院との連携を進めており、患者さんの病状に応じて、連携病院で治療を受けて頂くことも可能です。
また病状が安定期にある患者さんに置かれましては、お住まいの地域のかかりつけ医と連携しつつ、場合によっては、「ふたり主治医制」により、毎月の通院、投薬は近隣のクリニック、当院で、年に1-2回の通院を行っていただく事も可能です。

診療スタッフ
朴木 博幸 内科医師
篠田 晃一郎
【専門】関節リウマチ、膠原病、脊椎関節炎、骨粗鬆症、
    原因不明の関節炎、不明熱、自己炎症性疾患
【資格】医学博士
    日本内科学会(認定内科医、総合内科専門医・研修指導
    医)
    日本リウマチ学会(専門医・指導医・評議員)

朴木 博幸 内科医師
朴木 博幸 (ほうのき ひろゆき)
【専門】関節リウマチ、膠原病、脊椎関節炎、骨粗鬆症、
    原因不明の関節炎、不明熱、自己炎症性疾患
【資格】医学博士
    日本内科学会(認定内科医、総合内科専門医・研修指導
    医)
    日本リウマチ学会(専門医・指導医)

朴木 博幸 内科医師
津田 玲奈
【専門】関節リウマチ、膠原病、脊椎関節炎、骨粗鬆症、
    原因不明の関節炎、不明熱、自己炎症性疾患
【資格】医学博士
    日本内科学会(認定内科医、研修指導医)
    日本リウマチ学会(専門医)

朴木 博幸 内科医師
杉下 尚徳
【専門】関節リウマチ、膠原病、脊椎関節炎、骨粗鬆症、
    原因不明の関節炎、不明熱、自己炎症性疾患
【資格】日本内科学会(認定内科医)