診療科のご案内

内科(消化器科)のご紹介

 消化器科では消化管(食道、胃、小腸、大腸)の疾患、肝疾患、膵胆道疾患の診療を行っています。地域がん診療拠点病院として、消化器領域の癌の診断・治療を行っています。
 消化管領域については内視鏡診断・治療に重点を置いています。上部消化管内視鏡検査(GIF)、大腸内視鏡検査(CF)を行っています。粘膜下腫瘍の質的診断、癌の進達度診断の目的で超音波内視鏡検査(EUS)を行っています。内視鏡的治療としては早期胃癌、大腸癌に対し内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や、内視鏡的粘膜切除術(EMR)を行っています。

内科(消化器科)

 肝疾患に関しては、C型肝炎など慢性肝疾患の評価や、インターフェロン療法などの治療を行い、肝細胞癌の診断と集学的治療(肝動脈塞栓慮法(TAE)、ラジオ波焼灼療法(RFA))を放射線科の協力を得て行っています。膵胆道疾患では内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)を施行し、内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)、内視鏡的胆道ドレナージ術(ERBD)を行っています。悪性胆道閉塞に対して経皮経肝胆道ドレナージ術(PTCD)、メタリックステント留置術も行っています。
 当院の外科(消化器外科)とは緊密な協力体制にあり、手術の必要な患者さまには速やかに治療が移行できるように心がけています。

関連学会施設認定
 日本消化器病学会 認定施設
 日本消化器内視鏡学会 認定施設
 日本内科学会 教育関連施設
診療スタッフ
消化器科部長
新敷 吉成 (あたらし よしなり)
【専門】肝臓・消化器内科
【資格】日本臨床腫瘍学会暫定指導医
    日本消化器病学会消化器病専門医
    日本肝臓学会認定肝臓専門医
    日本内科学会総合内科専門医
    日本内科学会認定内科医
    日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    インフェクションコントロールドクター
第二消化器科部長(兼)消化器内視鏡センター長
八木 満 (やぎ みつる)
【専門】消化器内科・消化器内視鏡手術
【資格】日本消化器内視鏡学会内視鏡専門医
    日本消化器病学会消化器病専門医
    日本内科学会認定内科医
金 辰彦 第三消化器科部長
金 辰彦 (かね たつひこ)
【専門】消化管一般
内科医師
竹森 康弘 (たけもり やすひろ)
【専門】肝臓・消化器内科
【資格】日本消化器内視鏡学会内視鏡専門医
    日本内科学会認定内科医
    日本消化器病学会消化器病専門医
    日本医師会認定産業医
とやま労災だより