臨床工学部

臨床工学部のご紹介

中央臨床工学部の紹介VTR

※音声が流れます。音量にご注意下さい。


臨床工学部の概要

 最新の医療機器には、人工知能(AI:artificial intelligence)や情報通信技術(ICT:information and communication technology)などを有した多機能で高性能なものもあり、日々進化し続けています。富山労災病院では、その高度化する医療機器を用いた治療時の操作支援、日常の安全使用における保守管理ならびに取り扱い方法の教育・指導などの必要性を重視し、令和2年2月1日より、臨床工学部から中央臨床工学部(院内標榜)に昇格し、運営を開始しました。中央臨床工学部は、森一朗麻酔科部長(医療機器安全管理責任者)のもと、3名の臨床工学技士(令和2年6月現在)により構成され、4階4A病棟側に人工呼吸器や輸液ポンプなどの高度管理医療機器を一元管理している医療機器管理センターに併設されています。医療機器管理センターでは、平成29年より医療機器管理システムを導入して、医療機器の保有(登録)状況、貸し出し状況、修理・保守点検(日常点検、定期点検等)状況、消耗医療材料(各種バッテリ、人工呼吸器回路等)を一括で管理しています。また、病院事務部門と密接な連携を図り、医療機器毎の資産管理番号とCE管理番号を連動させ、一枚のバーコードにて管理しています。
 さらに診療部門と連携を積極的に図り、チーム医療の一員として安全な医療機器の操作や提供ができるよう信頼、期待される診療支援部門となるよう努めています。
 また、医療安全や感染対策部門ともより緊密に連携することにより、院内外における医療安全情報を共有し、迅速・適切な医療機器の安全管理ならびに感染防止活動を推進しています。
 中央臨床工学部では、全国労災病院臨床工学技士会や関連機関とも連携をとり、安心安全な医療機器の提供に努めてまいります。

医療機器管理センター貸出フロア(中央臨床工学部)
医療機器管理センター貸出フロア(中央臨床工学部)
  医療機器管理センター返却・点検フロア(中央臨床工学部)
医療機器管理センター返却・点検フロア(中央臨床工学部)

臨床工学部の沿革

年 月 内   容
平成21年 4月 臨床工学技士 1名 採用
透析業務の開始
整形外科手術自己血回収業の開始
平成21年 5月 旧病院1病棟3階の一部分を臨床工学室として用途変更
透析室から看護師 1名 配置転換
平成22年 1月 臨床工学室(院内標榜)の 設置
平成24年 4月 臨床工学技士 1名 採用
医療機器管理業務の拡大(保守点検の強化)
平成27年 6月 心臓カテーテル治療、ペースメーカー治療業務の開始
平成27年11月 病院新築移転により、医療機器管理センター等を設置した。
透析装置および周辺装置を一新した。
5B病棟ならびにHCU病棟を透析治療可能病棟とした。
平成29年 3月 医療機器管理センターに医療機器管理システムを導入
平成29年 4月 臨床工学技士 1名 採用
平成30年 4月 臨床工学技士 1名 採用
令和 2年 2月 中央臨床工学部に院内標榜を変更
令和 2年 4月 眼科手術業務の開始
  現在に至る

中央臨床工学部の理念・基本方針

理念
医療機器を管理、操作するスペシャリストとして日々自己研鑽に努め、ワンランク上の臨床工学技士として、質ならびに安全性の高い医療支援、医療機器の提供、操作を目指します。

基本方針
医療機器における操作等の問い合わせには、真摯で迅速な解決に向けて対応します。
医療機器の保守管理に努め、安全に使用できる医療機器を提供します。
定期的な点検計画に基づく、保守点検を実施します。
医療機器は、念入りに清掃、保守管理し、患者様やスタッフに気持ちよく使用していただける状態を保持します。

臨床工学技士(Clinical Engineer)とは

 臨床工学技士は、1987年5月に制定された「臨床工学技士法(※公布 昭和62年6月2日、施行 昭和63年4月1日)」に基づく医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格です。臨床工学技士は、医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作および保守点検を行う事を業とし、他の医療従事者との連携を図り、医療機器を用いたチーム医療の一員として生命維持をサポートする診療の補助者であり、医療機器のスペシャリストです。
臨床工学技士ポスター
(ポスター提供:日本臨床工学技士会)